July 22, 2017 05:51:15
Ukiyoe (浮世絵) Presentation
On a paper submitted by a physicist colleague: "This isn't right. This isn't even wrong." -- Wolfgang Pauli
 .:  Ukiyoe (浮世絵)

Here is the text of a short presentation I gave about ukiyoe (浮世絵), Japanese wood block prints in the context of the Edo period. I had a number of graphics as well, but they have been lost. It's written in the style of spoken Japanese rather than written Japanese because it was a speech.

こんにちは。

今日、浮世絵と江戸時代の社会に対する影響について話します。

浮世絵は日本の木版様式です。

英語では、"Japanese wood block printing"です。

浮世絵は、千七百年代に人気になりました。

今時は、浮世絵が芸術だと分かりますが、昔は、今の雑誌や広告と同じように、浮世絵は商品でした。

その当時、木版は印刷技術だけでした。

その上、版画家は身分が低かったです。

今時は、人々は浮世絵を見ると、浮世絵士だけが記憶されますね。

でも、浮世絵を作ることは複雑で、たくさん人を係りますよ。

まず、版元は考えを思い付きて、浮世絵士に頼んで、下絵を描いてもらいます。

それから、彫り士は下絵を見て、版木を彫ります。

普通に、彫りが一番上手な彫り士が頭彫りをして、外の彫り士がど彫りをします。

浮世絵の色はそれぞれ色版という版木が一つあります。そして、黒い輪郭のために、すみ版という版木も一つあります。

最後に、刷り士は刷毛で版木に色素を塗って、ばれんという道具で版木に紙を押します。

彫り士が美しい形を作って、刷り士がきれいな色を添えます。

彼達が真の芸術家ですよねえ。

やがて、浮世絵は日本の文化と社会に大きな影響を与えました。

この時代は江戸時代で、日本は徳川幕府の支配下にありました。

政権を続けるために、徳川幕府は住民の活動を全部制限しようとしました。

それから、住民を四つの地位に分けました。

侍、
農民、
職人、
そして、商人

版画家は職人でした。

これは身分制度です。

百年間ぐらい、幕府はよく出来ました。

しかし、商人はだんだんほとんどのお金を持っているようになりました。

それで、日本の文化は、歌舞伎とよしわらが繁盛していました。

そして浮世絵は両方に浮世絵が非常に大事なことでした。

浮世絵は歌舞伎の広告の役した上、浮世絵で歌舞伎の物語が出版されて、歌舞伎に行けなかった人は読むことが出来ました。

物議をかもす歌舞伎がたくさんあったから、政府の方針に反対である考えが広まりました。

じつは、その当時、逮捕された浮世絵士が多かったです。

浮世絵は今のテレビとか雑誌とか新聞と似ているから、みんなが浮世絵に興味がありました。

本当にみんなに影響を与えました。

よしわらにも大事なことでした。

よしわらは。。。江戸の"pleasure center"でした。

芸者と花魁が一杯で、茶屋などがたくさんありました。

身分が高い人と金持ちを引き付けるために、よしわらの女性はすごくきれいな着物とか髪の毛とかがありました。

花魁と芸者と茶屋の広告の浮世絵がたくさーんありました。

身分を計る基準は、世襲のかわりに、お金になると、身分制度の滅亡が迫っていました。

明治時代に印刷機が発明されたから、木版は不必要になりました。

今は、浮世絵を作る人が少ないですけど、保存がいい浮世絵がたくさんあって、浮世絵の美しさがまだ楽めます。
Copyright 2003-2016 Adam Milazzo. Verbatim copying and redistribution of this entire page are permitted without royalty in any medium provided this notice is preserved.